いきなりですが、夏休みを前に急に慌ただしくなったことが…。それは皆様のご家庭に直接関係がある「保育の無償化」について具体的な内容が発表され準備が始まり出したということです。まず5/30に文科省幼児教育課政策担当専門官より自治体担当者へ…、6/4は同氏による全日本私立幼稚園へ…、またそれらを受け6/18には山梨県が市町村担当者への伝達を行い、(また未移行園“私立幼稚園”の方が新たな手続きが必要な為)、同日東京では全国私立幼稚園向けの説明会があり…、19日は県内私立幼稚園に伝達がありと、何回も説明を聞き、またこれからも説明会があり…、とにかく猛勉強中です!

そもそもこの制度は子育て世帯の教育費負担を軽くする為、そして≪質の高い幼児教育・保育≫を提供することがその後の投資効果(将来の所得向上・生活保護受給低下)をもたらすとの検証から、長年私立幼稚園連合会の懸案事項でした。ただ今回は財源に消費税増税分を充てる為、国民全体からいただくことを考慮し、認可外の無認可施設まで範囲を広げなければならなくなり、その対応の為準備が難航してきたようです。女性の社会進出目的など隠しテーマもあるのでしょうが、理想の子どもの数まで生み育てられない日本の状況を考え、良策となりますことを願います。今月中に各市の意向を踏まえ皆様に説明会を行うことを事務局と相談中です。それには保育を妨げない園外施設にて午後の時間帯実施を考えています。日程的に夏休みの参集は無理。また個々に必要な申請書類回収も無理ですから、急なことで皆様にもご迷惑をおかけします。

今月のねらい

*聖書物語をとおして、感謝といたわりの心を養う。
*夏の自然に関わり、興味や関心をもつ。
*飼育栽培を通して、やさしさや、思いやりの心、命の尊さを知る。
*健康に気をつけ、約束を守って、夏の遊びや水遊びを楽しむ。